水晶の柱を、より細かな水晶の結晶が覆って

そのひとつひとつから虹色がみられる、アナンダライトクリスタル。

原石は枝珊瑚のように伸びており、ちょっと奇妙な感じです。

そこからいただいたひとかけら。

虹の輝きを纏う水晶です。

 

アナンダライトは、インド・デカンタ高原近郊で、近年発見されたばかりの珍しい水晶です。
そこでしか産出されないという希少価値が高く、珍しい水晶です。

従来は、レインボークォーツとして流通していましたが、
ヒーラーの「ロバート・シモンズ氏」により「アナンダライト」と命名されました。
アナンダライトとは「神の至福の光」という意味だそうです。

 

原石の風合いをたっぷりとお楽しみいただけます。

大きすぎず、小さすぎず、形も整っています。

 

同じような形の「サボテン水晶」と比較してください。

サボテン水晶は透明感があり、純粋な光の明暗をご覧いただけます。

アナンダライトクリスタルはミルキーな不透明で

画像や動画ではわかりづらいのですが、

肉眼ですとそれぞれの結晶から虹色の輝きをみることができます。

地球(ほし)の造形の驚きを 感じられるでしょうか・・・・。

 

留め具を外さなくても装着できるロングネックレスです。

チェーンは石から抜けてしまいますので、ご注意ください。

チェーンの代わりに、お好きなレザーやコットンなどの紐類をつけていただくことができます。

 

アナンダライトクリスタル(水晶)ネックレス

¥4,000価格
  • 素材:アナンダライトクリスタル(水晶) 合金(ロジウムメッキ)

    サイズ:石約26.5×17.0×15.7mm  ネックレス長さ約68cm

     

     

8000円以上のお買い上げで送料無料

follow us:

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

© 2023 by Mary Alice.

Proudly created with Wix.com